So-net無料ブログ作成
検索選択

Харваач ! XXVI

オペラ劇場.jpg

ウランバートルの街が近づくにつれ、道が舗装路になり、店やガソリンスタンドもポツポツと現れはじめた。やがて車が街に入り、

「ムンクさん、ここでいいよ、ありがとう!」

私はホテルではなく、街の中心地にある国営デパート(現在はノミンデパート)の前で降ろしてもらった。
明日はもう帰国なのだが、土産などの買い物がまだ残っている。早朝の便なので、二人には早めに休んでもらうために、ここで別れることにした。
ウヌルさんも車から降りてきて、彼女にしてはめずらしく真顔でしんみりと言った。

「今日はありがとう、フスタイへ連れて行ってくれて…、楽しかったよ」

明日の朝、空港まで私に付き添って彼女の仕事は終わり。
一緒にあちこち観てまわるのは今日までだが、別れの挨拶はまだ早かろう。

「いや、ムンクさんのおかげだよ。こちらこそありがとう、付き合ってくれて」

通訳無しの買い物は少し心許ないが、すっかり眠りに落ちているエルデネのことも気にかかる。
日暮れまでまだ時間もあるし、最後の日ぐらいひとりで“冒険”してみるのもいいだろう。

国営デパート前の大通り沿いにある土産物店には、モンゴルに来たときは必ず寄ることにしている。最近、店の中も小綺麗になったが、その分、商品もありきたりのものが増えた。以前は年代物の銀製品や鐙、鏃など、珍しい骨董品がごろごろあって結構楽しめた。
なかでも驚いたのは、旧日本軍の軍刀まで並べられていたことだった。軍刀は柄や鞘、鐔などといった拵はすでに失われており、所々に赤錆が浮いた刀身のみで、むき出しになった茎にそれぞれ日本人の名が彫られていた。おそらく元の持ち主であろう。

そういえば、このウランバートルの街は、第二次世界大戦後、旧ソビエトによって当地に抑留された日本人捕虜が造ったと聞いた。スフバートル広場に隣接するオペラ劇場などがその象徴的なものだ。
しかし、過酷な強制労働のため、1945年~1947年のたった2年間で、抑留されていた約12,000人のうち約1,600人が命を落としたという。土産物店でみた軍刀は、彼らが遺していったものに違いない。
現在、ウランバートル北部にあるダンバダルジャー日本人慰霊碑のほか、モンゴル国内に慰霊碑が点在している。

ところで、ムンクさんの祖父と父は第二次世界大戦当時、モンゴル人民共和国(1924-1992)の軍人として日本軍と戦ったそうだ。
詳しいことは聞きそびれたが、旧ソビエトが1945年8月9日に日本に対し宣戦布告、それに続くかたちで、モンゴル人民共和国が宣戦布告したのが8月10日だから、駆りだされた戦場はおおむね、満州国か今の内モンゴル辺りだ。
私の祖父は海軍で太平洋方面だったので、ムンクさん一家と直接的に銃火を交えていないことは幸いだったが、かつては敵同士であっても、今ではお互いの孫たちが、こうして冗談を言いながら一緒に遊んでいる。
このことだけでも、国と国、人と人との争いというものが、いかに愚かで馬鹿げたことであるかがわかる。

あらかた買い物が済むと、自然と私の足が、あのインターネットカフェの方へ向いた。



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。